« **あなたは盲ろう者を知っていますか?** | トップページ | 。・゜☆我が家のネコちゃんたち・妊娠と出産(❤猫たち9)★゜・。 »

2017/05/19

**あなたは「2分の1成人式」を知っていますか?**

もう・・・知らないことばかりで・・・これも私は知らなかった。その年ごろのお子さんが近くにいる人は、きっとご存じと思うけど。

私は決して「~を知ってますか?」シリーズを続けるつもりはない。
でも、ビックリすることが続いたので、また書きたくなったの。

私はこれまで、2年間も書かないことがあったりしながら、何とかブログを続けてきた。
その中で、今回のような明らかな拒否反応は
1度も記したことはなかったと思う。

でも、今日は初めて書くょ。
それぐらいのことだと思うから。

気分の悪い問題だけど、こういう話を書いてくれた新聞の担当者に感謝したい。


前回書いたように、私は読む新聞を定期的に変える。
時々、違う角度で世の中が見たくなるから。

で、今 読んでいる新聞の昨日の生活欄で、「2分の1成人式 学校に浸透」っていう記事が目に飛び込んできた。
「え?! なに?これ。浸透って。2分の1って」

2分の1成人式は小学4年生が対象で、成人式と同じ1月に開かれることが多いと書いてある。

あくまでも学校の自主的なイベントなのに、全国的に広がっているという。
ここには関係者や起源の詳細は載っていないが、ネット検索をしたらすぐに掛かってきた。

ホント~~~~~~~に、ビックリした。

  ★―――☆―――★―――☆―――★―――☆

個人が限られた環境で行うのはいい。
でも、なんでそれが、環境も時代も違う今の日本全体に「急速に」広がるんだろう?

気持ち悪い。
ここには現代のインターネットの発達も関係していると思うけど。

昔、私が子供だったころ、「幸福の手紙」というのが流行ったことがあった。何人かに送らないと不幸になる。と書いてあって、送ってくるのがみんな友達なので、しかたなく またほかに何通か送って後悔したことがあった。

それに似たゾワゾワ感がある。


だいたい2分の1成人式なんていう字余りの言葉、聞くだけで居心地が悪い。
意味がないでしょ? 言葉遊び以外の何物でもない。

それに学校が公式の行事として取り行うことが理解できない。
結婚式の時に親に読み上げる新郎新婦の手紙。幸い私は経験しないで済んだが、そのあたりが起源のような気がする「公けの場で読み上げる親子間の手紙」が、ここにも出てくる。

  ★―――☆―――★―――☆―――★―――☆

日本には中国から渡ってきた風習を含めて、古くから 子供の成長を祝う
たくさんの行事がある。
主なものだけでも七五三。雛祭り。子供の日(端午の節句)。
生れてすぐのお宮参りとか、お食い初めなんかも。

神社やお寺などに関わる宗教的な行事はほかにもある。
それぞれの地方には独特のお祭りもあるし。

そして20歳には、2分の1ではない本当の成人式がある。

こんなにあるのに、なんでまた学校の行事として「2分の1」をやらなければならないのか、私は まったくわからない。

  ★―――☆―――★―――☆―――★―――☆

ニューヨークに住み、現地校を卒業した娘
が高校生のとき、クラスメートのSweet Sixteenスィート・シックスティーンを祝う派手なパーティに出合ったことがあった。

それは16歳の女の子を祝う
お祝いで。
正式な成人は18歳だが、日本のように役所がお祝いの行事を催すことはない。

会社が家賃を出してくれるので。たいていの日本の駐在員は防犯の比較的良い、経済的に豊かな地区に住む。

そういう地区では誕生日も派手に祝っていた。
小学生でも昼間にプール・バー(ビリヤード・バー)やボーリング場を借り切ってお祝いをする。私も子供の友だちの母親の勧めで、息子の誕生日にスケート場を借り切って誕生パーティを主催したことがあった。

どこにも誕生日目当てのパッケージがあって。
日本では考えられないほど安い値段で借りることができた。


でも、アメリカはご存じのように多種多様な民族が住み、宗教も異なる。
経済格差も大きい。
ウチもSweet Sixteenは祝わなかったが、祝わなくてもそれで困ることは何もなかった。

みんな一緒なんてことはない。

  ★―――☆―――★―――☆―――★―――☆

家族のつながりや愛は、家庭の中で育まれていくものだ。
学校の仕事ではないはずだ。


最近の日本は以前より外国人の姿が増えた。
国際結婚も多く、外国の人が隣りに住むのも珍しいことではなくなった。

現実に我が家の隣人の奥さんは北京から来た。娘さんは半分日本人で国籍も日本で、東京の大学に通っているけれど、お母さんといっしょの時間が長いので日本語より中国語のほうが得意に見える。
今は北京から奥さんのお母さんが遊びに来ていて、昨日は私もいっしょに近くの大型魚屋さんに行った。


オリンピックも控え、国際化の掛け声は高い。

それなのに最近の日本は、以前よりずっと横並び一線が強くなっているように見える。
国際的に通用する人材には個性が必要だ。
横並びになっていれば安心する日本人は、ますます「内向き」で個性がなくなっている。

みんな揃って同じことをする「2分の1成人式」は個性を殺す行為で、国際化と逆行するということに多くの教育関係者が気付かないのが不思議だ。

30年以上も前に、それを初めて形にした人は、間違いなく個性的な人だったと思う。
しかし、それを学校行事に組み込み強制する行為は、その瞬間から 個性を遠ざける。

  ★―――☆―――★―――☆―――★―――☆

まして、子供の貧困化が問題化し始めている最近の日本には、さまざまな事情を抱えた家族が住む。
経済格差も広がっている。
日本語の苦手な子供も親もいる。
児童養護施設から通学する子供たちもいるはずだ。
家庭環境はみんな違う。


そんな中で、みんなが同じように学校行事に参加できるはずがない。

たとえ たった一人でも違和感や辛さを心に感じる子供や親がいたら、この行事は成り立たない。
即刻、止めるべきだと思う。


それは集団の「いじめ」にほかならないと、私は思う。

「いじめ」は、当人がいじめられていると感じたら、ほかのだれが何と言っても、それは「いじめ」と認定される。

「いじめ」の定義を関係者全員で、もう一度思い起こしてほしい。

  ★―――☆―――★
  →→人気ブログランキングへ Please!

★このブログの始まりは、味噌汁を作るときに アサリの中から見つかった‘カニの赤ちゃん’の育児日記でした。
一度はじめにもどって、‘カニかにcancer’に会っていただけたら うれしいですhappy01
    ↓  ↓  ↓

http://0320crab.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post-4ff3.html

右のサイドバーのカテゴリーに、おおまかな分類を しました。
 そちらもご利用ください。

   ★―――☆―――★―――☆―――★

|

« **あなたは盲ろう者を知っていますか?** | トップページ | 。・゜☆我が家のネコちゃんたち・妊娠と出産(❤猫たち9)★゜・。 »

コメント

ニックネームが分からないのでお名前を呼べませんが、コメントありがとうございましたhappy01
始めに書きましたが、このブログを書き始めたきっかけは、カニの赤ちゃんを育て始めたことがきっかけでした。

私は4月~6月までの2か月でしたので、ちょうど同じころのお別れでしたね。
今の季節は難しいので、私も4月からだったから少し長くなりましたが、たぶん もう少し後だったら同じだったと思います。
よく頑張りましたね。

2か月経つと顔が見えるようになり、私が顔を出すと威嚇してハサミを頭の上で広げていた姿や、最後の眠れなかった夜を思い出します。
2006年のことですから、もう11年前なのですね。

今になると、良い思い出ですが。
きっかけがカニかにでしたから目的を失って、1年ぐらいこのアカウントは開店休業状態でした。
再び書こうと思ったのは、1年の間、何もないページに繰り返し訪れてくださった読者の方々の訪問記録の数字でした。

その後も何年も書けない時期もありましたが、いつもあなたような読み手の存在に励まされます。

おタクのカニさんの写真も、もしTwitterやブログに出すチャンスがあったら、ぜひ教えてくださいね。
生き物を育てることで、私たちも教わることがたくさんありますよね。
お元気でお過ごしくださいね。

投稿: カニまま | 2017/06/16 22:33

自分、こないだ潮干狩りでとったアサリの中からカニが出てきたので貴方のブログを参考にしてカニを飼育しました!一ヶ月生き、今日死んでしまいましたが、カニとの日々はとても楽しかったです。ありがとうございました!cancer

投稿: | 2017/06/11 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« **あなたは盲ろう者を知っていますか?** | トップページ | 。・゜☆我が家のネコちゃんたち・妊娠と出産(❤猫たち9)★゜・。 »